蚕飼山

蚕飼山(こがいさん)は標高418mで東和町の一番高い山で、天気が良ければ、東は三陸の海、西に栗駒山、北は岩手県の山々を遠望でき、南には米川の田園風景が広がる。 頂上近くまで車で登ることができ、360度のパノラマの景色を見渡すことができる。

この記事の情報リンク

Mapから「米川ガイドマップ」で位置を確認できます。

MapYoutube
>「米川の水かぶり」

「米川の水かぶり」

2018に世界無形文化遺産に登録されたこの行事は毎年2月の初午の日に五日町の男たちによって行われる奇祭である。宿の菅原家で藁のしめ縄を各自で作り、裸に藁で作った水かぶり装束を身に着け、顔にすみをぬった男たちは、一斉に宿を出て大慈寺の火伏せの神である秋葉山大権現に参拝し、神の使いに化身する。

CTR IMG