鱒渕川のゲンジボタル

鱒渕川の中流、岩渕橋から1.5kmにわたる軽米地区のゲンジボタル生息地が
昭和54年4月26日、国の天然記念物に指定されている。

昭和45年に町の文化財指定後、地域の人々の環境保護により、清流が保たれ、幼虫の餌になるカワニナが大量に発生するようになったことが、群棲の因をなしている。

>> ゲンジボタル鑑賞情報のページへ

ゲンジボタル鑑賞会

>「綱木之里大名行列」

「綱木之里大名行列」

綱木之里大名行列は、米川綱木沢の人々によって行われるもので、岩手県折壁の大名行列の流れをくんだものと伝えられています。元治元年(1864)登米寺池の八幡神社より、行列の諸道具一式を譲り受けて、現在まで伝わっています。 登米市指定無形民俗文化財。毎年9月第3日曜日に開催。

CTR IMG