米川米の注文を承ります

平成25年度米川産ひとめぼれの注文を承ります。

IMG_3985

米どころの登米市の中でも米川地区は山間部で寒暖の差が大きく、冷たくきれいな沢の水や地下水を田んぼに入れるため、収量は少ないですが小粒で旨みのあるお米がとれると言われています。

一般的な流通では、品種や等級ごとに市内のお米は全て混ぜられてしまい、地域ごと・農家ごとに違う味を味わうことができません。
そこで米川の米農家が地域の特性を活かして栽培したお米の販売を仲介致します。
今年度は200袋(10kg)の限定販売です。

IMG_3976

 

今回の生産者
岩渕和也(米川字飯土井)
金野三千男(米川字南上沢)

価格
精米10㎏ 3500円(送料別)
(その他の量、玄米などにも対応します。ご相談ください。)

送料
図2

発送はヤマト運輸にて、お支払いは代金引換のみの販売となります。
(送料には代金引換手数料を含みます。)

ご注文・お問い合わせは…
米川地域振興会(米川公民館内)
E-mail : yonekawa.kou@chime.ocn.ne.jp
TEL : 0220-53-4155

下記の事項を明記の上、メールにてご注文ください。

氏名
郵便番号
住所
電話番号

ご注文を確認してから概ね1週間以内に発送致します。

 

米川の田園風景はこちらのアルバムからご覧になれます。

>「米川の水かぶり」

「米川の水かぶり」

2018に世界無形文化遺産に登録されたこの行事は毎年2月の初午の日に五日町の男たちによって行われる奇祭である。宿の菅原家で藁のしめ縄を各自で作り、裸に藁で作った水かぶり装束を身に着け、顔にすみをぬった男たちは、一斉に宿を出て大慈寺の火伏せの神である秋葉山大権現に参拝し、神の使いに化身する。

CTR IMG