米川新春懇談会が和やかに開催?

 1月21日(日)、米川公民館に於いて「平成30年米川新春懇談会」が開かれ、登米市熊谷盛廣市長をはじめ多くのご来賓や地域の皆様をお迎えし、60名の出席にて盛大に会を開催致しました。米川地域振興会の及川会長の挨拶に続き、平成29年市段階以上の受賞者を紹介しました。アトラクションでは、米川小6年の山口未夢さんと藤沢町の沼倉巳代子さんの素晴らしい踊りを披露して頂き、観客を魅了しました。

 

>「米川の水かぶり」

「米川の水かぶり」

2018に世界無形文化遺産に登録されたこの行事は毎年2月の初午の日に五日町の男たちによって行われる奇祭である。宿の菅原家で藁のしめ縄を各自で作り、裸に藁で作った水かぶり装束を身に着け、顔にすみをぬった男たちは、一斉に宿を出て大慈寺の火伏せの神である秋葉山大権現に参拝し、神の使いに化身する。

CTR IMG