米川の水かぶり俳句・絵手紙展示中

 米川公民館では、只今「米川の水かぶり 俳句・絵手紙コンテスト入選作品」の展示を行っています👏こちらは、米川の水かぶり保存会さんが、地元小学校・中学校(1学年)の生徒たちから俳句や絵手紙を募集し、厳選な審査の上、各賞が決定されました👦👧展示期間は5月上旬ころまでとなっておりますので、ぜひ皆さん公民館までお越し下さい🚗

※写真をクリック。⊕をクリックすると拡大できます。

>「米川の水かぶり」

「米川の水かぶり」

2018に世界無形文化遺産に登録されたこの行事は毎年2月の初午の日に五日町の男たちによって行われる奇祭である。宿の菅原家で藁のしめ縄を各自で作り、裸に藁で作った水かぶり装束を身に着け、顔にすみをぬった男たちは、一斉に宿を出て大慈寺の火伏せの神である秋葉山大権現に参拝し、神の使いに化身する。

CTR IMG