第33回東和キリシタンの里まつり開催!

 6月4日(日)、午前10時より東和町米川(綱木農村公園)にて、第33回東和キリシタンの里まつり」が開催されました!(^^)!まつりに先立ち午前9時30分から、米川カトリック教会にて御霊をしのぶミサが行われ、その後殉教地三経塚を訪れ殉教者に献花を捧げました?また、まつり会場では地元小学生の協力のもと伝統芸の狼ノ河原流田植踊や登米市出身の演歌歌手の歌謡ショーなどがありました。さらには、特産品の販売、お楽しみ抽選会、キッズコーナーや魚のつかみ取りなど多数のイベントがあり、まつりに駆け付けた大勢の参集者で賑わいました 💡

>「米川の水かぶり」

「米川の水かぶり」

2018に世界無形文化遺産に登録されたこの行事は毎年2月の初午の日に五日町の男たちによって行われる奇祭である。宿の菅原家で藁のしめ縄を各自で作り、裸に藁で作った水かぶり装束を身に着け、顔にすみをぬった男たちは、一斉に宿を出て大慈寺の火伏せの神である秋葉山大権現に参拝し、神の使いに化身する。

CTR IMG