第2回環境部会並びに地域防災講座

 7月13日(木)、19時より米川公民館にて男女共同参画の視点による地域防災講座(登米市主催・米川地域振興会共催)が行われました。この講座は、米川地域振興会の環境部会より登米市へ依頼し、開催されました。
講師に石巻復興支援ネットワーク代表理事の兼子佳恵先生を招き、東日本大震災時の体験談をもとにした内容の講演でした。当時の経験から避難バッグの中に入れるグッズは小まめに分類し、水が入らない袋(ジップロック袋のような物)に閉まって置くとバックが濡れても中身は使用できるなどといったお話もありました。
また、新聞紙スリッパの作成や付箋を使用した講演で参加した皆さんを飽きさせない工夫がされていました。参加した方から「すごく内容がよかったです。」との感想もいただきました。参加された皆様、講師先生、市民協働課の方々ありがとうございました。

>「米川の水かぶり」

「米川の水かぶり」

2018に世界無形文化遺産に登録されたこの行事は毎年2月の初午の日に五日町の男たちによって行われる奇祭である。宿の菅原家で藁のしめ縄を各自で作り、裸に藁で作った水かぶり装束を身に着け、顔にすみをぬった男たちは、一斉に宿を出て大慈寺の火伏せの神である秋葉山大権現に参拝し、神の使いに化身する。

CTR IMG