平成30年度 米川俳句教室 開講式

平成30年6月21日(木)

平成30年度米川俳句教室の開講式があり、本日は私用にて欠席者が多く9名での開講式となりました✨

今年から高橋武比路先生を講師としてお呼びし、新しい教室の始まりです✒

高橋先生より、「俳句とは17音(文字)の詩です。四季のある日本が生んだ世界一短い定型詩。」とのお話がありました。

今月のお題は、「麦秋」「紫蘭」「蛍」「雑詠」✒

皆さん楽しく俳句を学んでいました?

高橋武比古先生です

教室の様子です?

>「米川の水かぶり」

「米川の水かぶり」

2018に世界無形文化遺産に登録されたこの行事は毎年2月の初午の日に五日町の男たちによって行われる奇祭である。宿の菅原家で藁のしめ縄を各自で作り、裸に藁で作った水かぶり装束を身に着け、顔にすみをぬった男たちは、一斉に宿を出て大慈寺の火伏せの神である秋葉山大権現に参拝し、神の使いに化身する。

CTR IMG