宮城の寺院・神社巡り移動研修!

  11月11日(金)『宮城の寺院・神社巡り移動研修』“若草稲荷神社”~“秋保神社”~“慈眼寺”~“秋保大滝(秋保大滝不動尊)へ行ってきました。”若草稲荷神社では徒歩で階段を上り、息を切らしながらの参拝!秋保神社は「勝負の神様」として知られ、沢山の「のぼり」が掲げられていました。慈眼寺は1300年の歴史を持つ吉野・金峯山寺創設以来2人目の「大峯千日回峰行」を満行した「塩沼亮潤大阿闍梨」が住職をつとめるお寺です。参加者は各寺社で御朱印もいただき、宮城の歴史と文化を学んできました!好天に恵まれ参加者全員が終始笑顔の移動研修でした(*^▽^*)

 

>「米川の水かぶり」

「米川の水かぶり」

2018に世界無形文化遺産に登録されたこの行事は毎年2月の初午の日に五日町の男たちによって行われる奇祭である。宿の菅原家で藁のしめ縄を各自で作り、裸に藁で作った水かぶり装束を身に着け、顔にすみをぬった男たちは、一斉に宿を出て大慈寺の火伏せの神である秋葉山大権現に参拝し、神の使いに化身する。

CTR IMG