大盛況!!!夢フェスタ水の里 

第16回 登米市民劇場「夢フェスタ水の里」

東和米川 隠れキリシタン・製鉄物語

「幸呼里に蝉しぐれは止まず」が

3月1日(土)・2日(日) 登米祝祭劇場で行われました。

米川を題材にするのは今回で3回目。

エキストラで「田植え踊り夢創の会」・「水かぶり保存会」

捕り方役人で「3区の方々5名」・子供たちで「米川小学校児童2名」の

皆さんがご出演されました。

 

小ホールでは「米川PR館」を開催。

IMG_7893

  IMG_7878

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7876 IMG_7885

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7879

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7881

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7886

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7888

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7902

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7890

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7896

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_7880

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米川の竹や椎茸の榾木などを展示して、森や大柄沢の洞窟を再現。

大名行列や水かぶりの衣装を着せたマネキン・写真を展示。

 

このPR館を設置するにあたっては、各10行政区から多くの方にお手伝いを

頂き、また当日2日間も係分担や後片付けまでお手伝い頂きました。

改めて、米川の団結力と結束の素晴らしさを感じました。

 

今回の公演で、辛くても忘れてはならない、語り継いでいかなければならない

歴史を多くの皆さんに伝える事が出来たのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

>「米川の水かぶり」

「米川の水かぶり」

2018に世界無形文化遺産に登録されたこの行事は毎年2月の初午の日に五日町の男たちによって行われる奇祭である。宿の菅原家で藁のしめ縄を各自で作り、裸に藁で作った水かぶり装束を身に着け、顔にすみをぬった男たちは、一斉に宿を出て大慈寺の火伏せの神である秋葉山大権現に参拝し、神の使いに化身する。

CTR IMG