ノルディックウォーキング教室開催!

 平成27年11月11日(水)、米川公民館事業では初となるノルディックウォーキング教室が開催されました。晴天の秋晴れの中、17名の参加者が米川コースを歩きました。ノルディックウォーキングとは、1930年代にフィンランドのクロスカントリー選手が夏場のトレーニングに活用していたことが始まりだそうです。2本のポールを使って歩くことで通常のウォーキングよりエネルギー消費量が平均20%程度上昇するそうです。また、平成22年のデータでは登米市の健康寿命が県で男女互いに下位の方に位置しています。ノルディックウォーキングを通して健康になるとともに参加者の交流を深めることを目的として開催されました。講師には、遊佐亨先生を招き、一からご指導を頂戴しました。参加した方からは、「初めての経験でしたが、楽しかった」とか「また、すぐにでもノルディックウォーキングをしたい」という声があり、大成功の教室でした。

ノル1 ノル2ノル3 ノル4

 

>「米川の水かぶり」

「米川の水かぶり」

2018に世界無形文化遺産に登録されたこの行事は毎年2月の初午の日に五日町の男たちによって行われる奇祭である。宿の菅原家で藁のしめ縄を各自で作り、裸に藁で作った水かぶり装束を身に着け、顔にすみをぬった男たちは、一斉に宿を出て大慈寺の火伏せの神である秋葉山大権現に参拝し、神の使いに化身する。

CTR IMG