みどりの少年団・活動開始!

 4月20日金曜日、今年も米川小学校・みどりの少年団(5・6年生、児童13名)の活動の一つとして森林体験学習(舞茸菌の伏せ込み作業)が行われました?地元の米川生産森林組合と連携して行われる活動で、秋に向けての収穫を目指します?団員たちは黙々と作業を行い、バケツリレー方式などで見事に約2,000個の培地を綺麗に並べました?
 今回初めての体験となった新5年生に感想を聞くと、「重くて疲れました?「腰が痛い⚡」などの子どもらしい素直なコメントがありました?今度の活動時期は7月頃で除草作業だそうです。皆さん次の作業も頑張って下さい‼(ちなみに培地とは、舞茸菌や栄養素の米ぬか・おがくずが入ったブロック状のものを言います。)

 

>「米川の水かぶり」

「米川の水かぶり」

2018に世界無形文化遺産に登録されたこの行事は毎年2月の初午の日に五日町の男たちによって行われる奇祭である。宿の菅原家で藁のしめ縄を各自で作り、裸に藁で作った水かぶり装束を身に着け、顔にすみをぬった男たちは、一斉に宿を出て大慈寺の火伏せの神である秋葉山大権現に参拝し、神の使いに化身する。

CTR IMG