「カブトムシ相撲大会をしよう!」開催

 8月2日(日)、9時30分より米川公民館にて第3次地域づくり計画の1つでもある愛着プロジェクトカブトムシ相撲大会をしよう!を開催しました?この事業は、前回のカブトムシを羽化させようプロジェクトの続きでもあり、3名の子供たちが自ら羽化させたカブトムシを持参し、参加してくれました?競技は、相撲と木登りの2種類を行い楽しみました?また、初めはカブトムシに触れなかった子供も最後は触れるようになっていました?この事業を通して、少しでも子供たちが米川の地域資源に興味を持って貰えたら嬉しいです。

>「米川の水かぶり」

「米川の水かぶり」

2018に世界無形文化遺産に登録されたこの行事は毎年2月の初午の日に五日町の男たちによって行われる奇祭である。宿の菅原家で藁のしめ縄を各自で作り、裸に藁で作った水かぶり装束を身に着け、顔にすみをぬった男たちは、一斉に宿を出て大慈寺の火伏せの神である秋葉山大権現に参拝し、神の使いに化身する。

CTR IMG