「お正月花いけばな教室」開催しました。

平成27年12月25日(金)午前9時から「お正月花いけばな教室」を開催しました。講師の1区の畠山晴美先生をお迎えして、参加者は8名と少人数でしたが、先生もひとり一人にしっかり指導が行き届き、参加者の皆さんも花を愛している皆さん。花の一本いっぽんをどのように生けたら、花をきれいに見せる事ができるか、集中してお花を生けることができました。担当者も20年ぶりのいけばなを生けることができ、久々にお花に対しての愛着がでてくると同時に、昔の腕前を発揮、とてもきれいなお正月花に満足しました。参加者の皆さんの作品をPDFにて紹介いたします。

H27いけばな教室の作品

 

>「米川の水かぶり」

「米川の水かぶり」

2018に世界無形文化遺産に登録されたこの行事は毎年2月の初午の日に五日町の男たちによって行われる奇祭である。宿の菅原家で藁のしめ縄を各自で作り、裸に藁で作った水かぶり装束を身に着け、顔にすみをぬった男たちは、一斉に宿を出て大慈寺の火伏せの神である秋葉山大権現に参拝し、神の使いに化身する。

CTR IMG