☆彡和紙ちぎり絵教室が開講☆彡

 8月31日(木)米川公民館にて新規事業の『和紙ちぎり絵教室』が開講しました。講師は、和紙ちぎり絵佐沼サークルの尾形いね子先生、他3名の方々に手伝って頂きました。全4回コースで初日は、苺のちぎり絵でした。?“私にできるかしら?”と不安の声も聞かれましたが、先生の分かりやすいご指導のお陰もあって素敵な作品が完成しました(^_-)-☆作品は10月14日(土)~15日(日)の米川手づくり文化祭で展示されますので是非見に来て下さい♪(*^_^*) 🙂  

     

>「米川の水かぶり」

「米川の水かぶり」

2018に世界無形文化遺産に登録されたこの行事は毎年2月の初午の日に五日町の男たちによって行われる奇祭である。宿の菅原家で藁のしめ縄を各自で作り、裸に藁で作った水かぶり装束を身に着け、顔にすみをぬった男たちは、一斉に宿を出て大慈寺の火伏せの神である秋葉山大権現に参拝し、神の使いに化身する。

CTR IMG