☆彡ガラスペンダント教室開催☆彡

 10月6日(木)米川公民館にてガラスペンダント教室を開催しました。参加募集してすぐ翌日に申込者数が定員15名を大幅に超えたため急遽、午後の部も追加。33名の参加で大盛況の講座となりました(^_-)-☆ 講師は『あーと硝子 Caso Vaso  ガラス造形家 後藤洋一先生』で登米町にアトリエがあり、ガラス細工のアーティストです。作業工程は、ガラスの上に色ガラスを配置し、レンジで焼成する作業で簡単に作る事が出来ました。完成した作品は10月15日(土)~16日(日)の米川手づくり文化祭で展示されますので見に来て下さい♪(*^_^*) 🙂        

                                4-4 3 7-7 5-5 2-2 6

>「米川の水かぶり」

「米川の水かぶり」

2018に世界無形文化遺産に登録されたこの行事は毎年2月の初午の日に五日町の男たちによって行われる奇祭である。宿の菅原家で藁のしめ縄を各自で作り、裸に藁で作った水かぶり装束を身に着け、顔にすみをぬった男たちは、一斉に宿を出て大慈寺の火伏せの神である秋葉山大権現に参拝し、神の使いに化身する。

CTR IMG