国際交流センター

昭和62年、東和町とカナダ・バーノン市が、姉妹友好都市の締結をし、国際交流の推進拠点と、国際人として教養の豊かな人格形成、夢と希望を抱く青少年育成を図る目的で建設された。

上沢分校は明治7年(1874)分置された。(佐藤豊十郎宅)学童は4年生までここで学び、5年生から本校の米川小学校に通学した。その後校舎は建て替えられたが、昭和46年本校と統合された。

国際交流センター