第3回手仕事カフェ「米川刺し子のコースター作り」報告

12/9(土)、第3回よねかわ手仕事カフェを開催しました。
今回の会場は、以前ニットカフェをやらせて頂いた、(株)まちおもいさんの和室をお借りしました。

(株)まちおもいは、米川の隣の東和町米谷ご出身の社長さんが昨年米川町地区にオープンさせた不動産を扱う会社で、田舎暮らしをしたい人への空き家の仲介や、空き家の管理などをおもにされています。
観光振興のためにレンタサイクル事業やドローン空撮なども行っており、過疎化が進むこの地域を盛り上げてくれています。

会場に着くと、専務の長岡さんが手書きしてくれたかわいいウェルカムボードが迎えてくれました♪
いつもありがとうございます!

使用させてもらう和室にもすてきなガーランド飾りが。
こういう演出があると、気分が盛り上がりますね(^^)

さて、いよいよ刺し子スタートです。
今回も紬-tumugu-の平井さんに教えて頂きました。

前回相談した時には、次は刺し子の花ふきんを作ろうということになっていましたが、ふきんでは刺し子をする部分が大きく時間がかかるため、まずは少し小さめのコースターを作ることにしました。

今回は布に方眼を描くところから始めました。
草木染で染めた布のコースター地と糸を自分で選び、熱で消えるペンを使って5mmか10mmの方眼を布に描いていきます。
その後、「米川」の字をデザインした刺し子をちくちく刺していきました。

窓の外には雪がちらついていましたが、部屋の中は暖かく作業がはかどります。

予定時間を30分ほどオーバーして終了しました。
全部刺し終わった人も、まだ途中の人もいましたが、できばえには皆さん満足していました(^^)
コースターは一人二枚用意していたので、残りは家に持ち帰って次回までの課題です。

中にはコースターではなく、前回と同じ米刺しで髪ゴムを作りたい!という方もいて、講座内では終わらなかったために家で完成させて写真を送ってくれました。
前回よりも「米」の字を小さく刺して、自分好みのデザインにできたようです。
たくさん作ったのは、お友達にプレゼントするためだそうです。
髪を結ぶだけでなく、ストールを留めるのにも使えるとか。素敵ですね♪

次回は新年1月13日(土)に、また(株)まちおもいさんで開催予定です。
今度はいよいよ花ふきんに取り掛かります。
今から楽しみです!

(by 地域おこし協力隊 鈴木)