林業女子会 活動中!!

5月より『林業女子会』の活動を開始しました。
IMGP4803

米川地域は85%が森林を占め、一時期は林業やその周辺産業が大変盛んでした。
今では木材価格低迷に伴い、往時に比べると下火になりましたが、時代に合わせた森林の活用を行っている『米川生産森林組合』とタイアップして、『林業女子会』発足に至りました。

第1回は東京などからも参加者を呼んで5月5日~6日に行いました。

季節柄、山菜が豊富です。

まずは山わさびの収穫。斜面一面の山わさびの葉を採っていきます。
IMGP4674

これは後ほど作業場に持ち帰って、加工しました。
切ったり叩いたりした後、熱湯を注いで密閉して、時間を置いてようやくわさびのピッリッとした味が出ます。
IMGP4723

翌日の朝にめんつゆに浸けて瓶詰にし、お土産として持ち帰りました。
IMGP4771

他にも、山うどやこしあぶら、わらびが山のように採れました。
IMGP4715IMGP4713

これで初日の晩に山菜パーティー。
山うどの新芽やこしあぶら・たらの芽は天ぷらに。
うどの茎の部分は酢味噌和えに。
山わさびでごはんも進みます。
IMGP4736

こちらはヤマザクラの植樹。
IMGP4688地面の草や石を取り除いてから、鍬を振り下ろし穴を掘ります。場所により、土が固かったり、太い根っこがあったり、石があったりと、一筋縄にはいきません。
苗木の根が十分地中に入るくらいの深さを掘ったら、苗木を植え、土を戻し、その上に乾燥を防ぐ草を被せます。
一人で数本の作業ですが、慣れない鍬での作業は結構疲れます。プロはこれを一日に数百本するというから驚きます。

枝打ち作業も体験しました。
IMGP4706 材になった際に節ができるのを防ぐための作業ですが、樹皮を傷つけない程度になるべく幹の間際を切らないといけません。
簡単なようで意外と難しいです。しかし、やり出すと夢中になります。

途中、マイタケの培地の伏せ込み現場を見学。
杉林の林床に埋められた培地から、秋にはマイタケが発生します。DSCF0846

最後には木の伐採現場も視察。
IMGP4806

チェーンソーで杉の木を伐り倒すと参加者から歓声が上がりました。

DSCF0878また、こちらのプロセッサーという機械は優れものです。
指定した長さに木材を切りながら、枝を落としていきます。
初めて見る作業に一同、興奮しました。

重機に乗せていただいたり、
20140505 060DSCF0879

チェーンソーをいじらせていただいたりもしました。
20140505 066

山で開放感を味わったり、普段はなかなかできない体験をしたり、夜がやけに盛り上がったりと、楽しい二日間でした。
IMGP4823

次回の情報はこちら