そば打ち対決!!

12月15日、綱木地区でそば打ち対決(綱木の佐藤さんVS兵庫の中川さん)が行われました。

佐藤さん
20131215_154427綱木の佐藤さんは、自宅の畑で作ったそばで毎年そばを打っています。

中川さん
20131215_154407兵庫の中川さんは南三陸の復興支援で登米市に長期滞在しており、こちら米川にもたびたび遊びに来ていただいてます。
地元、豊岡では村をあげてそば打ちをしているそうで、兵庫からそば粉を取り寄せてこの日に臨みました。

 佐藤さんはそば粉:小麦粉=8:2、中川さんはそば粉+山芋、それぞれの材料で打ちます。
山芋は綱木の小野寺さんからのご提供です。

佐藤さんは自宅で秘密裏に打って会場に持ち込みました。
中川さんは会場で打ち、地域からの参集者も教わりながら代わる代わる打ちました。
20131215_164931

粉と山芋を混ぜた後、熱湯を2回に分けて入れ、一つの塊にします。
20131215_155202

それを自分の体重をかけるようにしてよく捏ねます。
20131215_164940

捏ねあがったら、最初は手で伸ばし、その後麺棒で伸ばします。
丸ではなく四角に伸ばすのが、みそ。手に入れる力の向きで、確かに四角くなっていくのが面白いです。
PC156467PC156469

薄く延ばしたら、包丁で1.2mmに切っていきますが、これが意外と難しいのです。
PC156476

ほとんどの人が初めてですが、何とかそばにはなりました
20131215_184724

陶芸家の笠さんは、いつも土を捏ねているだけあり、初めてとは思えない手さばき。
速すぎて、どうやって捏ねているのかわかりません。さすが!
20131215_180801

茹であがりはこちら。
20131215_184218

宮城県加美町の地域おこし協力隊の方が、特産のわさびを差し入れてくださいました。
生わさび、贅沢です!
20131215_175055

みんなでお腹いっぱい食べた後は、佐藤さんのそばと中川さんのそばどちらが美味しいか、投票です。
みんな目をつぶって、挙手。
結果は…
綱木の佐藤さん9票、兵庫の中川さん7票、僅差で佐藤さんに軍配が挙がりました!

話が盛り上がり、「そばと佐藤さんのお母さんのずんだ餅で週末にお店をしよう」「佐藤さんは退職まであと何年?」「綱木をそば街道にしよう。国道456号線だから、『すごろく(しごろくが訛った)そば』なんてどう?」と夢が広がりました。

20131215_191007

ここ綱木の方たちが偉いといつも思うのは、男性も女性も、子供も大人も、料理や後片付けを積極的にすることです。
気持ちがいいですね。
PC156492

何だか楽しいことが起こりそうな人々です。
PC156495