米川の水かぶり最新情報

◆2020年(令和2年)の米川の水かぶりのご案内◆

【ユネスコ無形文化遺産】【国指定重要無形民俗文化財】
火伏の奇祭「米川の水かぶり」

<開催日> 令和2年2月9日(日)

<イベント会場> 法輪山大慈寺境内(登米市東和町米川町下56)
◎登米市内の伝統芸能の披露、豚汁のふるまい、ふるさと美味しいもの市、火伏せのお守りや水かぶり特製グッズの販売、俳句や写真の展示等

<当日スケジュール>
8:00頃 水かぶり宿にて藁装束の準備(見学可)
9:30 市内伝統芸能の披露(未定)
10:10 水かぶり開会行事
10:20 交通規制開始
10:30 宿出走
11:15 市内伝統芸能第2部公演(未定)
11:30 交通規制解除

<近隣の無料駐車場>
米川公民館、JA町下倉庫、テクノ工房赤松など
(会場周辺は10:20~11:30の間は交通規制が入ります)

<無料シャトルバス>
登米市役所迫庁舎前(登米市迫町佐沼字中江二丁目6番地1)と東和支所前(登米市東和町米川字六反55番地1)から無料シャトルバスを運行します。
仙台方面から高速バス(東日本急行)でお越しの方は迫庁舎、自家用車でお越しの方は迫庁舎または東和支所からお乗りください。
※登米市役所行き高速バスはとよま総合支所行きと間違えないようお気を付けください。

《行き》9:00 迫庁舎/東和支所前出発 → 大慈寺前
《帰り》12:30 大慈寺前 → 東和総合支所前 → 迫庁舎前

(迫庁舎から30分、東和支所から5分程度です。)

※迫庁舎・東和支所の大型駐車場を利用可能です。

▼2020年米川の水かぶりA4ちらし(PDFはこちら

▼当日案内図(PDFはこちら

<主催> 米川の水かぶり保存会・五日町町内会
<後援> 登米市・登米市教育委員会・米川地域振興会

>>「米川の水かぶり」の内容についてはこちらをご覧ください。

>> より詳しく知りたい方は「米川の水かぶり宿ブログ」をご覧ください。

> ダイドードリンコ「日本の祭り」の「2015年の米川の水かぶり」掲載ページ
 「奇祭・米川の水かぶり ~口伝800年、守り続けられてきた伝統行事~」
 (制作:KHB東日本放送 2015/2/22放送)

<英文案内>
YONEKAWA MIZUKABURI
Sunday February 9th, 2020  9:30-11:30AM
Yonekawa, Tome City, Miyagi
UNESCO intangible cultural heritage
“Raiho-shin, ritual visits of deities in masks and costumes”

“Yonekawa Mizukaburi” is a traditional ritual which has been passed down for generations at Yonekawa.
Men make a procession throughout the town of Yonekawa, putting soot on their cheeks and a costume made of rice straws. They throw the water in wooden pails up to the roof of the houses, praying as deities, for fire prevention of the house.
Spectators pull a piece of straw from the costume and keep it as an amulet on the roof of their house.

・Free parking lot will be available.
・Free shuttle buses will be available from Tome city office. (Hasama office and Towa branch office)
For more info phone Towa branch office. (Tel 0220-53-4111)

***************************************

【2018/11/29】 来訪神行事としてユネスコ無形遺産に登録されました。

2018/11/30河北新報朝刊1面

***************************************

◆過去の催しなど◆
2019/10/27(日)
遊佐町合併65周年記念事業『第60回遊佐町 民俗芸能公演会』に出演しました。
(会場:遊佐町生涯学習センターホール)