米川の水かぶり最新情報

ユネスコ無形文化遺産

火伏の奇祭 米川の水かぶり

UNESCO intangible cultural heritage

YONEKAWA MIZUKABURI English below

 

令和2年2月9日(日) 9:00~12:00

法輪山大慈寺境内(登米市東和町米川町下56)

 

◎ふるさと自慢市

無料の豚汁ふるまいや水かぶり土産・グッズ販売など

◎特設ステージ

登米市伝統芸能公演・ご祝儀紅白餅まき

スケジュール

  8:00 水かぶり宿で藁装束の支度(見学可)

  9:00 ふるさと自慢市オープン

  9:30 「丸山太鼓」(登米市米山)第1部

10:00 開会行事

10:30 水かぶり宿 出走

11:10 「丸山太鼓」(登米市米山)第2部

11:30 「横山火伏獅子舞」(登米市津山)

11:50 ご祝儀紅白餅機まき

 

近隣の無料駐車場

米川公民館・東京発條宮城工場・JA町下倉庫など

(10:20~11:30 五日町から元町まで車両通行禁止となります)

無料シャトルバス

登米市役所から道の駅 林林館を経由でして大慈寺まで無料シャトルバスを運行します。

《行き》 9:00   登米市役所→道の駅 林林館→大慈寺

《帰り》12:30  大慈寺→道の駅 林林館→登米市役所

(大慈寺まで登米市役所から30分、道の駅 林林館から5分程度)

※登米市役所・東和総合支所の大型駐車場を利用可能です。

 

▼米川の水かぶりチラシ(PDFはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼米川の水かぶり案内2020(PDFはこちら

▼米川の水かぶりフォトコンテスト

最優秀賞 賞金3万円・副賞 他

優秀賞  賞金2万円・副賞 他

入賞   QUOカード3000円相当・副賞 他

詳しくは応募要項をご確認ください。

<主催> 米川の水かぶり保存会・五日町町内会

<後援> 登米市・登米市教育委員会・米川地域振興会

<協力> 地域おこし協力隊

>>「米川の水かぶり」についてはこちら

>> より詳しく知りたい方は「米川の水かぶり宿ブログ」へ

> ダイドードリンコ「日本の祭り」の「2015年の米川の水かぶり」掲載ページ
 「奇祭・米川の水かぶり ~口伝800年、守り続けられてきた伝統行事~」
 (制作:KHB東日本放送 2015/2/22放送)

<English>

YONEKAWA MIZUKABURI
Sunday February 9th, 2020  9:00-12:00AM
Yonekawa, Tome City, Miyagi
UNESCO intangible cultural heritage
"Raiho-shin, ritual visits of deities in masks and costumes"

"Yonekawa Mizukaburi" is a traditional ritual which has been passed down for generations at Yonekawa. Men make a procession throughout the town of Yonekawa, putting soot on their cheeks and a costume made of rice straws.

They throw the water in wooden pails up to the roof of the houses, praying as deities, for fire prevention of the house. Spectators pull a piece of straw from the costume and keep it as an amulet on the roof of their house.

・Free parking will be available.
・Free shuttle buses will be available from Tome city office for Daijiji via Roadside station Rinrin-kan. 

For more info phone Towa branch office. (Tel 0220-53-4111)

***************************************

【2018/11/29】 来訪神行事としてユネスコ無形遺産に登録されました。

2018/11/30河北新報朝刊1面

***************************************

>「米川の水かぶり」

「米川の水かぶり」

2018に世界無形文化遺産に登録されたこの行事は毎年2月の初午の日に五日町の男たちによって行われる奇祭である。宿の菅原家で藁のしめ縄を各自で作り、裸に藁で作った水かぶり装束を身に着け、顔にすみをぬった男たちは、一斉に宿を出て大慈寺の火伏せの神である秋葉山大権現に参拝し、神の使いに化身する。

CTR IMG