鱒淵川で鮎捕り

9月1日日曜日、近所の方が鮎捕りをするという情報を聞きつけ、見学に行きました。

鱒淵(ますぶち)地区の中心を流れる鱒淵川、つまりは住んでいる家のすぐ前の川で鮎が捕れるということです。

鱒淵川 鮎捕り2

鮎の居そうな場所にあたりをつけ、その姿を探しながら網で捕ります。

鱒淵川 鮎捕り3

一人が投網を投げます。その網から素早く逃げた鮎は、もう一人が下流で待ち伏せして捕えます。

鱒淵川 鮎捕り1

鱒淵川 鮎捕り7

一回投げて捕れるのは2,3匹。当然空振りもあります。

鱒淵川 鮎捕り5 鱒淵川 鮎捕り6
移動しながら何度も何度も投げます。

このお二人、この土日で合わせて80匹ほど捕ったそうです。

鮎2

私もお裾分けをいただきました。

鮎

その日の夕飯は炭火焼き。
(ちなみに、この炭はこの鮎捕り名人の方が自分で炭焼きしたものをいただきました。この方、特技がいっぱいあるのです。)

鮎 炭火焼き

予想以上に美味しかったです。
川魚だから淡泊な味かと思ったら、旨みたっぷり。これは美味しいです。

残りは開いて一夜干しに。
塩水に数時間漬けた後、ざるに上げて部屋に放置。
これなら冷蔵庫の無い我が家でも簡単に保存できます。

鮎開き2 鮎開き

翌日、これを再び炭火焼き。
小さい身に旨みが凝縮されて、やはり美味しかったです。

塩気が強いので、ごはんと一緒に炊いてみました。
ごはん全体に鮎の旨みがまわって、美味しかったです。
鮎ごはん1 鮎ごはん2

いやぁ、日常の中でこんな贅沢をただでできるなんて、やっぱり豊かな土地ですね。