よねかわ農カフェ『稲刈り・はせがけ体験』報告

 10/9(月・祝)、鱒淵合ノ木地区の田んぼで『稲刈り・はせがけ体験』を開催し、地元や仙台などから9名が参加しました。
それぞれ自分の手で稲を刈り、束ね、はせにかけるという昔ながら作業をし、合間の休憩では近所の方の手作りのヨモギ餅を頂いたり、山で採れた栗のご飯とキノコのお味噌汁やワラビの煮つけなどを昼食に頂きました。
一日作業するのはなかなかの重労働でしたが、田んぼや山についての話や美味しい食べ物、子どもたちは虫取りなどの自然体験を楽しむことができました。

3歳の男の子も小さな軍手をはめて一生懸命稲刈りをしてくれました。

3歳の男の子も小さな軍手をはめて一生懸命稲刈りをしてくれました。

男の子が稲刈中に見つけたカマキリの卵。他にもトンボやイナゴ、水生昆虫などが沢山いました。

男の子が稲刈中に見つけたカマキリの卵。他にもトンボやイナゴ、水生昆虫などが沢山いました。

お昼は山栗と天日干しのお米を炊いた栗ご飯、平茸と里芋と油麩のお味噌汁、蕨の煮物など山の幸をたっぷり頂きました。

お昼は山栗と天日干しのお米を炊いた栗ご飯、平茸と里芋と油麩のお味噌汁、蕨の煮物など山の幸をたっぷり頂きました。

午後は束ねた稲をはせがけに。チームワークが大切です。

午後は束ねた稲をはせがけに。チームワークが大切です。

きれいにはせがけが出来ました。秋の風物詩としてしばらく目を楽しませてくれます。

きれいにはせがけが出来ました。秋の風物詩としてしばらく目を楽しませてくれます。

皆で汗をかいて働く楽しさを味わえた一日でした。
おつかれさまでした!

(by 地域おこし協力隊 鈴木)