H28年度2月期 クール米川プロジェクト報告

2/10(金)~2/14(火)、今年度2回目のクール米川プロジェクトが行われました。
2月は毎年米川の水かぶりに合わせた開催で、過疎高齢化で人手不足の地域の一大イベントのお手伝いをしてもらっています。
今回も学生さんたちには朝から晩まで頑張ってもらいました。
しかも水かぶりの翌日には、子ども達ともちつき大会や夜にはプロジェクトの発表会とテーマ別ワークショップによる地域住民との対話「よねかわ未来会議」を開催。
二日間、非常に盛り上がりました。
どうもありがとうございました!

◆クール米川プロジェクトとは?◆
なかなか東北へ来る機会のない関西の大学生に米川や被災地を訪問してもらい、今後の地域づくりに対する提言をしてもらうため、2013年から毎年11月と2月の2回開催しています。

◆H28年度2月期の活動報告◆
日 程 2017年2月10日(金)~2月14日(火)(4泊5日)
参加者 大学生10名(奈良大学、関西学院大学)、小副川講師(キャリア教育)、稲垣講師(図書館情報学)、OG 1名

一日目 2/10(金)
・大籠キリシタン資料館、大籠教会、キリシタン史跡見学
・米川小学校放課後教室を訪問
・鱒淵地区もらい湯体験

二日目 2/11(土)
・米川の水かぶり準備手伝い
・大慈寺、小町塚、頼光寺、華足寺見学
・ユニカール大会参加

三日目 2/12(日)
・米川の水かぶり手伝い、見学
・BAKKE モニターツアーご一行と国際交流
・五日町会館にてかさこし参加

四日目 2/13(月)
・鱒淵小学校の古民具展示を見学
・保育園児・小学生ともちつき大会、読み聞かせの会
・クール米川プロジェクト発表会&よねかわ未来会議に参加
・鱒淵地区つるし雛見学

五日目 2/14(火)
・石巻市立大川小学校跡地を訪問、献花
・おがつ店こ屋街(仮設商店街)を訪問

今回もたくさんの皆さまにお世話になりました。
ありがとうございました!

(by 地域おこし協力隊 鈴木)