鱒渕川のゲンジボタル 発生状況(ほぼ毎日更新中)

今年のゲンジボタルの発生はほぼ終了となりました。
まだ若干飛んでいるのが見られるかと思いますが、わずかです。

CIMG3859川の開けている辺りを緑色に光るホタルがひらひらと飛び回り、なかなか幻想的です。
川沿いに歩くと何種類ものカエルの声が聞こえてきて、川のせせらぎの音と共に趣を添えてくれます。
空を見上げれば星も瞬いています。

 

以下は『鱒渕源氏ほたる保存会』の方からのご報告です。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

7/4(金)天候:雨  気温:19.1℃  湿度:91.8%  ホタル:37匹(平6)
【鱒渕源氏ほたる保存会の方のお話】
今シーズン初の雨による活動中止です。久しぶりに自分で数えに行きました。数はついに50匹を切ってしまいました。
上流堰堤の付近に、ヘイケボタルが6匹ほど発生していました。

7/5(土)天候:曇  気温:18.1℃  湿度:68.8%  ホタル:29匹(平7)
【鱒渕源氏ほたる保存会の方のお話】
前日の50切りを受けて、終了看板を設置しました。もちろん、看板を設置したからと言って、土曜日に鑑賞者が来ないわけはありません。保存会発表で450人、車では120台くらい来ました。 結果、ホタルより人の方が遙かに多い数でしたが・・・。
あ、それからこの夜、初めてヒメボタルを見ました。少ないですが、毎年現れてくれます。

7/6(日)天候:晴  気温:19.0℃  湿度:84.3%  ホタル:17匹(平20)
【鱒渕源氏ほたる保存会の方のお話】
ついに10匹台です。ホタルシーズンも間もなく終わります。発光が弱々しくなって、飛び方も力強さが感じられません。今日飛んでいる個体も、明日には葉陰で力尽きていることでしょう。無事、子孫を残せたでしょうか。 帰りに寄ってみると、昨夜のヒメボタルにまた出会えました。オレンジがかった発光色とフラッシュのような独特な発光パターン、大きさは源氏ホタルの半分ほどです。色は近くに寄ってこないとはっきり分りません。見慣れてないと、ヘイケボタルと間違えるてしまうでしょう。

保存会活動は、日曜日で終了することになりましたので、今回で今年のホタル情報を終了します。情報は終わりますが、あと数日はホタルもいるかと思います。ただ、ゼロではないでしょうが、期待はしないでください。

今シーズンも、事故もなく終了することができました。また、去年から取り組んでいる募金に、多大な協力をいただきありがとうございました。この場を借りて、お礼申し上げます。
それでは、来年もホタルが飛びますように。

 

昨日までの報告はこちら↓
ゲンジボタル鑑賞会2014

>「綱木之里大名行列」

「綱木之里大名行列」

綱木之里大名行列は、米川綱木沢の人々によって行われるもので、岩手県折壁の大名行列の流れをくんだものと伝えられています。元治元年(1864)登米寺池の八幡神社より、行列の諸道具一式を譲り受けて、現在まで伝わっています。 登米市指定無形民俗文化財。毎年9月第3日曜日に開催。

CTR IMG